2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

最近買った本(Amazon.co.jp)

広告(Amazon.co.jp)

広告(Google AdSense)

無料ブログはココログ

« Excel/VBA入門: 英数字を半角に変換し、半角カナを全角に変換する。 | トップページ | Ubuntu 11.04を 11.10にアップデートしてみた。 »

2011年10月 6日 (木)

TeX入門: TeXの出力環境を作成する。(その1、Windows版)

はじめに

数年ぶりにTeXを使う機会があったので、WindowsにTeXをインストールする方法をまとめてみた。尚、Linuxについては別の記事にまとめる予定なのでそちらを参照して欲しい。

また、この記事を作成するにあたり「[改訂第5版] LaTex2e 美文書作成入門」(amazon.co.jp)という本を参考にした。この本に付属のDVD-ROMに収録されているWindows用のインストーラーは、この記事で紹介している阿部紀行さんのTeXインストーラ3を一部カスタマイズしたものである。インターネットで公開されているものとの違いは、インストールされる関連ツールの一部が差し替えられていること、ファイルの取得先がインターネットでは無くDVD-ROMであること、追加の日本語フォントと設定ファイルなどが含まれていることである。

使用環境

  • Windows 7 Professional SP1

  • Windows XP Professional SP3

WindowsへのTexのインストール

ここでは、TeXインストーラ3を使用して、WindowsにTexをインストールする方法を説明する。TeXインストーラ3を使用すれば、以下のW32TeX(Windows用のTeX)、及び、関連ツールを自動的にダウンロード、及び、インストールすることができる。

  • 角藤さんによるW32TeX

  • dviout for Windows

  • Ghostscript

  • GSview

ダウンロード

TeXインストーラ3のページからTeXインストーラ3をダウンロードする。

  • Webブラウザからページの下の方にあるダウンロードの「最新版(0.81r7)」をクリックしてインストーラーのアーカイブを適当なフォルダに保存する。

    図1 TeXインストーラ3のページ

    Tex_installer_3_download_02a

    尚、この記事を作成した時点の最新版のファイル名は以下の通りである。

    abtexinst_0_81r7.zip

インストール

TeXインストーラ3はインストールに必要なファイルをインターネットから自動的にダウンロードするため、実行時はインターネットに接続している必要がある。また、古いTeXやGhostscript、GSView、divoutなどがインストールされている場合はあらかじめアンインストールしておいた方が良い。尚、詳細はアーカイブに付属のabtexinst.txtファイルを参照すること。

  1. アーカイブを7-Zipなどのファイルアーカイバを使用して適当なフォルダに展開する。エクスプローラーを使用する場合は、アーカイブを開くとabtexinstというフォルダがあるので右クリックメニューからコピーし、適当なフォルダに貼り付ける。

    図2 アーカイブの中身

    Tex_installer_3_archive_02a

  2. 展開したabtexinstフォルダの下のabtexinst.exeを実行してインストーラーを起動する。

    図3 abtexinstフォルダ

    Tex_installer_3_archive_03a

  3. インストーラが起動したら指示に従って[次へ]ボタンを続けて押下する。

    図4 Texのインストール1

    Tex_installer_3_01

    図5 Texのインストール2

    Tex_installer_3_02

    図6 Texのインストール3

    Tex_installer_3_03

    図7 Texのインストール4

    Tex_installer_3_04

  4. インストールが進むとGostscriptのインストーラーが別に起動されるので、設定はデフォルトのまま[Install]ボタンを押下する。

    図8 Ghostscriptのインストール

    Tex_installer_3_06

  5. 同様にGSViewのインストーラーが別に起動されるので、[Setup]ボタンを押下する。また、次のSelect Lunguageダイアログでは[English]ボタンを押下する。

    図9 GSViewのインストール

    Tex_installer_3_09

    図10 Select Language

    Tex_installer_3_10

  6. 次の画面以降では、設定はデフォルトのまま[Next]ボタンを続けて押下する。尚、最後は[Finish]→[Exit]ボタン押下で終了となる。

    図11 GSViewのインストール1

    Tex_installer_3_11

    画像GSViewのインストール2~7は省略。

    図12 GSViewのインストール8

    Tex_installer_3_18

  7. 同様にdvioutのインストーラーが別に起動されるので、設定はデフォルトのまま[OK]ボタンを押下する。

    図13 dvioutのインストール

    Tex_installer_3_19

  8. 最後にインストールの完了ダイアログが表示されるので、インストール結果を確認し[完了]ボタンを押下する。

    図14 インストールの完了

    Tex_installer_3_20

TexWorksによるTex文書の作成

TeXWorksはTeX文書を作成するための統合環境である。TeXエディタとPDFビューワーを含むため、TeXの文書を作成してすぐに結果を確認することができる。W32TeXをインストールするとメニューやダイアログが日本語化されたTeXWorksが一緒にインストールされる。ただし、インストール直後の状態では、TeXWorksで日本語を含むPDFを表示すると日本語部分が全て空白になってしまう。これは、TeXWorksがPDFに埋め込まれていないフォントを表示することができないためで、この問題を回避するには、PDFを生成するさいに日本語フォントが埋め込まれるように設定ファイルを記述する必要がある。

日本語フォントの設定

W32TeXのインストール先のtexmfフォルダの下に設定ファイルのオリジナルがあるので、それをtexmf-localフォルダにコピーしてから修正する。アップデートのさいにオリジナルは上書きされる可能性があるのでこのようにする。

  1. エクスプローラーなどで、texmfフォルダの下の設定ファイル(cid-x.map)をtexmf-localフォルダの下にコピーする。このとき、コピー先に同じ階層のフォルダを作成する必要がある。

    コピー元

    C:\w32tex\share\texmf\
      fonts\map\dvipdfmx\base
        cid-x.map

    コピー先

    C:\w32tex\share\texmf-local\
      fonts\map\dvipdfmx\base
        cid-x.map
  2. コピー先の設定ファイル(cid-x.map)をメモ帳などで以下のように修正する。この例ではWindowsのMS明朝とMSゴシックを指定している。

    修正前

    %
    % Ryumin and GothicBBB found in PostScript printers:
    %
    rml   H Ryumin-Light
    gbm   H GothicBBB-Medium
    rmlv  V Ryumin-Light
    gbmv  V GothicBBB-Medium

    修正後

    %
    % Ryumin and GothicBBB found in PostScript printers:
    %
    rml   H :0:msmincho.ttc
    gbm   H :0:msgothic.ttc
    rmlv  V :0:msmincho.ttc
    gbmv  V :0:msgothic.ttc

TexWorksの起動

エクスプローラーなどから、以下の実行ファイルを起動する。尚、必要に応じてデスクトップなどにショートカットを作成しておくと良いだろう。

C:\w32tex\share\
  texworks\
    TeXworks.exe

図15 TeXWorks起動画面

Texworks_01

TexWorksの動作確認

TeXWorksの入力領域に以下のサンプルを入力する。

\documentclass{jsarticle}
\usepackage{okumacro}
\begin{document}

ああ、生きてゐる。何だか\ruby{酷}{ひど}く男が\ruby{羨}{うらや}ましくなつてしまつた。 

\end{document}

図16 入力画面

Texworks_sample_01a

ツールバーのタイプセットのドロップダウンリストで「pdfpLaTeX」が選択されていることを確認し、タイプセットボタン(緑に矢印)を押下する。その結果、以下のようなプレビューが表示され日本語が表示されていれば設定は正しく行われている。

図17 プレビュー画面

Texworks_sample_02

以上

2011/10/06、新規作成。
2011/10/07、誤字と一部の表現を訂正した。図の位置とサイズを修正した。
2011/10/10、リンクの抜けを修正した。

« Excel/VBA入門: 英数字を半角に変換し、半角カナを全角に変換する。 | トップページ | Ubuntu 11.04を 11.10にアップデートしてみた。 »

LaTeX」カテゴリの記事

TeX」カテゴリの記事

Windows」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578502/52926835

この記事へのトラックバック一覧です: TeX入門: TeXの出力環境を作成する。(その1、Windows版):

« Excel/VBA入門: 英数字を半角に変換し、半角カナを全角に変換する。 | トップページ | Ubuntu 11.04を 11.10にアップデートしてみた。 »